イクオスQ&A

イクオスは逆効果で危険?副作用リスクなど健康被害の可能性はあるのか?

育毛剤といえば効果のほかに気になるのは副作用リスクではないでしょうか?実際に育毛剤で深刻な副作用がでている症例いくつか存在しています。

やはり直接肌に塗るものや、サプリメントとして体内に入れるものですから何かしらの反応はでることが多いです。効果の強いものとなれば特に。

とくに医薬品などの場合、髪の毛は生えたけど副作用で命の危険が・・・なんてことになる可能性もゼロではありません。

ただ、ことイクオスに関しては医薬部外品のため副作用リスクなどの危険性はありません。安全に育毛ケアに取り組むことが可能です。

医薬品の育毛剤にある副作用リスク

医薬品の育毛剤を使っている方の中に「育毛剤に副作用なんてあるんだ?知らなかった」という方も未だに多数いらっしゃいます。

へ-知らなかった。では済まされないような事態が引き起こされてからでは遅いですから、まず代表的な副作用を知っていただきたいと思います。

ミノキシジルの副作用リスク

育毛剤としての効果が強いことで知られる成分です。ですがその反面、副作用が出やすいことでも知られています。有名なところではリアップなどに配合されていますね。

元々高血圧の対策のための血圧降下剤として開発されたもので、その効果から様々な副作用が報告されています。

多毛症、頭痛、吐き気、めまい、動悸、倦怠感、全身のむくみ、性欲減退などがよく見られる副作用です。

フィナステリドの副作用リスク

薄毛に有効な成分として日本はもちろん世界で使用されている成分です。元々は前立腺肥大症の薬で、ホルモンを意図的に調整する働きがあります。これにより、性機能への副作用が多く報告されています。

性欲減退、勃起障害、精子減少、うつ、肝機能障害などがよく見られる副作用です。

デュタステリドの副作用リスク

こちらもフィナステリドと似た副作用が起こりやすいです。ED(勃起不全)精力減退といった副作用ですね。

それに加えて、乳首や乳房の酷い痛み・腫れを訴える方が多いです。

イクオス使用で逆効果?アレルギー反応には注意

副作用リスクはないにしろ、イクオスを使用することによって抜け毛が増えたり薄毛が進行したりして逆効果になるのでは?と心配する方もおられると思います。

もちろん医薬部外品とはいえ、頭皮に合わない方がいる可能性もあります。例えば、ほとんどが天然由来の成分であるため、植物由来の成分にたいして植物アレルギー反応が起こる可能性があります。

さらに、エタノールが成分の溶剤として少量使われているため、アルコールアレルギーの方にはあわないことがあります。

ですがどちらも、過去にアレルギー反応を起こしたことがある方のみ成分をチェックすれば防げる些細なものです。不安な方は使用前に必ずパッチテストで反応がないかチェックしておくといいでしょう。

リスクなく安全に育毛できるのがイクオスの長所の一つ

私も昔は髪が生えるならどんなリスクも受け入れる!とずっと思っていました。今もその気持ちは多少は持っています。

ですが育毛剤業界の発展に伴い、育毛剤も進化し続けています。ほとんど同じ効果か、それ以上の効果が期待できてノーリスクのものがあるのであれば、使わない理由はないですよね。

無駄にリスクを取って不安な育毛をするより、ノーリスクで安心な育毛をするほうが効果もあがるような気がします。薄毛にはストレスや自律神経の乱れも関係してきますからね。

とにかく育毛は時間がかかるものなので、ストレスなくできれば楽しみながら継続できるのが一番だと思っています。

イクオス
無添加育毛剤イクオス
・顧客満足度97.5%
・3か月以内に78%が実感
・新スカルプケア成分アルガス2配合
・独自の7つの育毛メソッド
・業界最安値の価格設定
・定期購入ならずっと65%OFF
・初回から解約・休止OK
・1本使い切っても45日間返金保証
自己採点評価 45.5/50点中
割引 定期購入で65%OFF(いつでも解約可)
保証 45日間の返金保証付き

詳細ページ公式ページ